So-net無料ブログ作成

OKYとWBS [グローバル化とは]

HKUSTのPart-time MBAプログラムには日本人があまりおらず、自分が入った前の年に1名、自分が入った年に2名(自分含む)のみで、その後には日本人は一人も入っていない。
(去年シンセンでやってるプログラムに1名入学した)

一方、HKUのほうは大学の知名度が高い、アクセスが便利、一定条件を満たすとGMAT免除等があってかHKUSTよりも入学者が多い。
まだ完全に確定しているわけではないが、2013年は2名入学者がいるそうな。。。

で、HKUはうらやましいな~的な内容のメールをHKU生とやりとりしてる際にOKYとWBSという言葉が出てきた。

OKYは以前にもブログで触れたことがあるんだけど、「お前 こっちで やってみろ」という意味。海外の状況を良くわかっていない本社の人が上から目線で海外法人等に無理難題を押し付けると海外にいる人はこういうことを言うらしい。

WBSは「わかるまで ボスを 説得する」という内容。仲間割れせず、お互い歩み寄って・・・ということなんだろうね。

個人的には日本に戻ってきて、海外法人の動きに結構不満を感じている。自分がいたときはこうだった、ああだったというように思うようになり。
まあ、もしかしたら自分の記憶が美化されているのかもしれないのだが。。。

そんな自分が最近思うのはOIY
意味は「おれが 行って やってやる!!」ってことね。誰かにOKYっていわれたらOIYって返そうかと。

だけど、鎖で首がくくられている本社飼育の社蓄はそうかんたんに海外に行かせてもらえないのである。。。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 1

コメント 2

アズミ

またしても会社のPCから。。。
OIYの精神でいてくださいよいつでも!!
by アズミ (2013-08-19 16:56) 

hide-and-seek

首の鎖が外れたらいくらでもいくよ〜
今日も仕事やっていてOIYって思うような場面が沢山ありました。。。
by hide-and-seek (2013-08-20 00:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。