So-net無料ブログ作成

中村修二博士のノーベル賞受賞について思う事 [グローバル化とは]

また村上春樹氏は文学賞もらえなかったね。ファンが発表時にお祝いできるようにシャンパンを用意して。。。というニュースがあったが村上氏の美学からあんまり格好いいファンではないような気がしたのは自分だけだろうか。

さて本題の中村博士。実はこの人と話した事があるんだよね。
http://blog.so-net.ne.jp/hide-and-seek/2011-11-15

このエントリーでは書いていないが、話を聞いて思ったのは一般的な日本人的感覚からすると相当ぶっ飛んでいるというかKYな人だなということ。
学生向け講演なのに、自分で延々理論を話したり、自分の経験を話して、そして自分でツッコミを入れるという感じで、他人向けの話をする感じではなく、自己完結していた。
講演後に時間を頂いて話をしたときも、おんなじ感じ。

今の会社も天才的な技術者やクリエーターがいたりしたが、話を聞くとだいたい変わった人、振り切った人らしい。
まあ、そうだよね。空気読んで研究とかクリエーターやってたら当たり障りのないものしか生まれてこないよね。

中村博士は米国籍を取得しているが当然だろう。アメリカはこういう変わった天才(良い意味でね)を受け入れる風土があるし、アメリカは超高度人材を集めるのが国策だから当たり前の帰結。
日本人がノーベル賞を取って喜ぶのは良いと思うが、こういう人が日本を見限ってアメリカに行ってしまったことは考えるべきだろう。

テニスの錦織選手も日本人プレーヤーとして、、、みたいな論調だが、あれだけ若いうちにアメリカに行ってテニスのエリートコースを歩んだら、日本人の考え方や習慣が残っているにせよ実質はアメリカ人だと思う。

自分が海外で生活して一番良かったと思うのは考えが全く異なる人やぶっ飛んだ人と交流できるようになった事。考え方や習慣が違うのは当たり前、ぶっ飛んだひとがいるのは(確率は少ないけど)当たり前という考え方が出来るようになった。

最近Lenovoからプロジェクター付きのタブレット端末が発表された。価格わずか6万円程度。
http://japanese.engadget.com/2014/10/10/yoga-tablet-pro-2-13-2560x1440ips-android/

このプロジェクターがレーザー光を使ったものか良くわからんが、仮にそうだとすると2011年に中村博士が言及していた事が実現したという事である。
天才には遠くが見えるんだろうね。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。